PAGE
[関東の変態と関西の変人 九条+金城]
*小ネタ



金「うぉ〜い九条ぉ〜!!」
銀「…っせぇな、黙れ屑が」

金「なんやと!?」
銀「電話中だ、ちったぁ大人しくしとけ」

金「……お前、やっとまともに人と電話が出来るようになったんか…!感激やで…!」
銀「潰すぞテメェ」

金「なあなあ、誰と電話してるん」
銀「お前に関係ねぇだろうが」

金「いいやんけ、つれへんなぁ〜」
銀「…鬱陶しいんだよ、失せろ」

金「あ、そうや聞いて聞いて」
銀「……チッ…何だテメェは…」

金「俺とお前の名前が並んだらな、金さん銀さんみたいになんねんで!爆笑やろ!」
銀「…………」

金「ぎゃはははは!」
銀「………後で掛け直す…」

金「…あ?どしたん、もう電話切ったんか?」
銀「……………」

金「何や、無視すんなや」
銀「金城テメェ…ぶっ殺す…」

金「は!?ちょっ、止めろや!痛たたたたた!!」
銀「横からピーピーと煩ぇんだよ!その馬鹿丸出しの関西弁どうにかしろゴラァ!」

金「誰が馬鹿じゃボケぇ!」
銀「……くくっ…テメェ以外に誰がいんだよ…考えろ、屑」

金「…アホんだらぁぁあ!殴り倒すぞ九条ぉお!!」
銀「上等だ来いテメェェエ!捻り潰してやるぜぇえ!!」















あとがき

ア「…………」
黒「どうしたアキラ」

ア「…いや、さっき九条から電話があったんですけど…」
黒「……九条から?」

ア「……なんやかんや言って、九条と金城さん…仲良いなぁと思って…」
黒「その話、是非ゆっくりと聞かせて貰おうか」

















結果

九条と金城でお笑いコンビが組めそうだった


レイフォンさんのヒトコトに影響されました(笑)
九条×金城とは…考えても居なかった…!
新しい境地です

しかし九条+金城とまでしか絡められない…

ですが黒木さんの頭の中では既に凄いことになっているハズ…

しかし金城が馬鹿でちょっとウザイ子になってしまった…

私が勝手に取り上げてしまっただけですが…
レイフォンさん、ネタ提供ありがとうございました!


以下オマケです


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


黒「俺様九条とツンデレ金城か…萌える、萌えるぞアキラ」
ア「いや、あの…」

黒「何時もみたいに口論から喧嘩に発展している途中に…九条が金城を押し倒しているような体制になり、不穏な空気が漂ってそのまま…」
ア「ああああの黒木さん…!」

黒「いやしかし、ツンデレの流れなら九条×鷲沢も捨てがたい…」
ア「すいませんちょっとホント勘弁して下さい」

黒「……くっ!しかし駄目だ…!深く絡めようとすればするほど、アイツ等の厳つい顔面が邪魔をする…」
ア「それで良いと思いますはい」

黒「……やはりアキラか…」
ア「…嫌だぁぁあぁあ!!!」


[←前|次→]
[←戻る]